はたの法律事務所の先生から教わった電動自転車バッテリー節約術

以前私が債務整理したときに、はたの法務事務所の担当の先生に添わったのですが、電動自転車のバッテリーって結構お金がかかるらしいのです。そこではたの法務事務所の先生はこんなことを伝授してくれたのです!

「電動自転車のバッテリーは、消耗品です。そのため、充電回数を重ねていけば、どんどん消耗していき、やがて購入時期を迎えます。だいたい、5万円くらいかかってきます。」非常に高価な買い物です。一度借金を陥った人ににとって結構大きな金額ですよね^^;自転車を買うとき購入した自転車屋さんから、バッテリーの残量が残り20パーセントになったら、充電してくださいと言われましたが、そんなことを重ねていたらあっと言う間に消耗していってしまいます。

そこで、司法書士の先生が日頃からできるバッテリーの節約には何があるのかのご説明していただけました。それによると、まず、バッテリーを使うスイッチは、平坦な道や、坂道では切るということです。力を入れなくてもいい時に入れているだけで、余計な電力を消耗してしまうからです。さらに、速く走りたい時はダイヤルを最大値にしているかと思いますが、人通りの多い歩道などの道を通る時には、、こまめに止まることが多くなります。こういった場合も、余計に電力を消費してしまうので、道の状況を見極めて速度設定を変えていくことが節約となります。

どうですか?一度債務整理をしたことがあるかたなら試してみてください。私ははたの法務事務所って詐欺じゃないのかと怪しんでいましたが、今になっては恥ずかしい過去です。面倒見のいい先生なので、借金返済もあっという間でした!

コメントする

必須フィールドには、* がマークされています。あなたのメールアドレスが公開されることはありません。