通勤定期を一ヶ月でなく六ヶ月で購入する。

職場の手当として支給されている一ヶ月分の通勤定期金額ですが、一ヶ月ごとに定期券を購入するのではなく、半年分の六ヶ月分を購入することです。一度に出て行く出費は大きくなり、その月の支出はマイナスとなってしまいますが、六ヶ月分の定期券は一ヶ月分×六ヶ月よりも割安になっているため、結果的に節約ができるということになっています。また、通勤定期は最寄り駅から職場までの最短を購入するのではなく、同じ料金で少しでも半位を広げられないか調べてから購入することです。たとえば私の現在の定期券の購入方法を例に上げると、最寄り駅は「立花駅」、職場に近い駅は「西大路駅」です。立花駅ー西大路駅間の定期券と同じ料金で、前後一駅ずつ伸ばした、甲子園口ー京都駅の定期券を購入することが可能です。これで仕事終わりに一駅となりの京都駅に行く時にも、持っている定期券が使用できるので、一駅分の電車賃を節約することができるようになります。

コメントする

必須フィールドには、* がマークされています。あなたのメールアドレスが公開されることはありません。